掌蹠膿疱症とタバコ

掌蹠膿疱症企画

掌蹠膿疱症になって一番初めにするのは禁煙ですよ。

掌蹠膿疱症とタバコ

掌蹠膿疱症になったら、タバコを吸うのはやめましょう。

先に触れたアルコールのように、タバコもビオチン療法の効果を著しく下げてしまいます。

理由は、ニコチンを体内で分解させるために、たくさんのビオチンを必要とするからです。

せっかく治療をしたり、食べ物に気をつけていても、タバコを吸うことで治療の邪魔をしてしまいます。

治らないばかりか、タバコを吸うことで掌蹠膿疱症の症状を悪化させることもあるので、十分に注意が必要です。

掌蹠膿疱症とわかったら、大変かもしれませんが、すぐに禁煙するようにしてください。

なお、普段タバコを吸わない人は、「自分は大丈夫」と思っているかもしれませんが、実は受動喫煙も厳禁なんです!家族や友だちにタバコを吸う人がいれば注意です。

受動喫煙も、喫煙しているのと同じく、ニコチンを分解させようと使わなくていいビオチンを消費させてしまうのです。

掌蹠膿疱症になったら、タバコを吸わないというのはもちろんのこと、受動喫煙となる可能性の高いカフェや居酒屋、パチンコ店などには行かないようにしましょう。

家族にタバコを吸う人がいる場合は、禁煙をお願いするか、難しいようであれば部屋を別にするなど、できるだけ副流煙を吸わない環境を作ってください。

関連動画紹介

おすすめリンク

掌蹠膿疱症企画 Copyright (C) www.clemcurtis.com. All Rights Reserved.