掌蹠膿疱症の注意する食べ物

掌蹠膿疱症企画

掌蹠膿疱症になると食べてはいけないものはあるのでしょうか?

掌蹠膿疱症の注意する食べ物

掌蹠膿疱症になったら、食べ物に気をつけるようにしましょう。

掌蹠膿疱症の状態や原因にもよりますが、掌蹠膿疱症になったらビオチン療法で治療する人が多くいます。

ビオチン療法をする場合には、「生の卵白」は絶対に摂取しないようにしてください。

なぜかというと、生の卵白に含まれるアビジンという物質が、腸内でのビオチン吸収を妨げてしまうからです。

卵を食べる場合は、しっかり中まで加熱してから食べるようにしましょう。

卵白であっても、しっかり加熱されていれば、摂取をしても問題ありません。

しかし、見落としてしまうのが洋菓子です。

メレンゲやクリームには大量の加熱していない卵白が含まれているので、洋菓子を食べるときは注意してください。

ビオチン療法をしている間は、洋菓子は避けた方がいいでしょう。

また、飲酒もできる限り控えましょう。

1日2本程度のビールは飲んでいいと言われていますが、飲酒にはビオチン療法の効果を下げてしまうので、完治を目指すのであれば禁酒をしましょう。

なお、掌蹠膿疱症にはビオチンを多く含む食品を摂取するのも効果的です。

たとえば、肉類であれば牛や豚の肝臓、魚類であればいわし、野菜類であればたまねぎやカリフラワー、穀物類であれば玄米に多くビオチンが含まれています。

関連動画紹介

おすすめリンク

掌蹠膿疱症企画 Copyright (C) www.clemcurtis.com. All Rights Reserved.